従業員研修と受付業務のコンサルティング 「ミエール・デ・キール」
TOPページに戻る


救急車を呼ぶ時


◆急病・ケガ・事故など万一のことがあった時にあわてないように
  119番に電話を掛けた時に聞かれることや、
  どのような行動をしたらよいのかについて、知っておきましょう。

◆現在地の説明の仕方(目印となる建物など) を確認して
  おきましょう。

◆社内でも街なかでも、AEDの設置場所を意識しておきましょう。

◆会社では、救護用品をまとめて用意しておくとよいでしょう。

◆左列リンク先は項目ごとに1シートになっているので、
  あらかじめ印刷して、専用ファイルを作っておくと安心です。
  救護の際に同僚や家族に1枚ずつシートを渡して分担すると、
  迅速な対応ができます。手帳に入れておく、冷蔵庫に貼るなど
  必要な時にすぐに見ることができるようにしておきましょう。


 救護
 □ 呼吸確認
 □ 意識確認
 □ 出血確認
 □ ベルトを緩める
 □ 靴を脱がす
 □ 所持品管理
 □ 身元確認
 □ 家族連絡
 □ 交通整理

 救護用品
 □ 毛布
 □ タオル
 □ 水
 □ ぬるま湯
 □ 救急箱
 □ ポリ袋
 □ ゴミ袋
 □ 紙袋
 □ 新聞紙 

 救急車要請  
 □ 年齢
 □ 性別 男性 女性
 □ 症状
 □ 呼吸 あり なし
 □ 意識 あり なし
 □ 出血 あり なし
 □ 場所    
 □ 電話番号 
 □ 通報者

 要救護者について
 □ 氏名
 □ 性別
 □ 年齢
 □ 現在地
 □ 自宅
 □ 勤務先
 □ 家族
 □ 既往症
 □ 主治医
 □ 常用薬
 
 心肺蘇生の手順 東京消防庁公式ホームページ
→ 安心安全情報
  → 救急アドバイス
   → 倒れている人を見たら (心肺蘇生の手順)

TOPページに戻る